USB版Windows 7 作成ツールにGPLコード

Microsofが2009年10月にMicrosoft Storeで公開した「Windows 7 USB/DVD Download Tool (WUDT)」にGPL違反の疑いがあるとして,米国時間11月10日に,公開を中止した. その後,11月13日には,WUDTにオープンソースソフトウェアが含まれていたことを認め,謝罪した?.

このツールは外部委託して作られたものであり,Microsoft側もコードレビューを行ってはいたが,オープンソースソフトウェアのコードが含まれていたことに気付かなかったとのこと.

ことの発端はブロガーのRafael Rivera氏が自身のブログWithin Windowsに11月6日のエントリMicrosoft lifts GPL code, uses in Microsoft Store toolで取り上げた.ブログ記事中には「ImageMaster」というOSSのソースコードを使っているようだとしている.


リンク

備考

WUDTはDVDドライブのないPCにでもWindows 7をインストールできるようWindows 7のISOイメージからブータブルUSBメモリを作成するツール.

ITMediaの記事では,Microsoftが謝罪したように見えるが,Microsoft社員の一人が誤っているだけのようにも見える.


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-11-07 (日) 13:39:37 (2931d)